お小遣いを少しでもアップさせるためのFX日記

お小遣いを少しでもアップさせるためのFX日記

初心者に向くFX少額取引ではここに注目

お小遣いを少しでもアップさせるためのFX日記

 

投資を検討する時、株価や通貨の変動など、慣れていなければ予測して投資額を決断するのが初心者にとってはとても難しくなります。しかも、手持ちの資金の用意がまとまっていなければできない投資商品には手が出ません。ところが、FX少額取引では、取引金額の単位が100円という業者も登場し、初心者にとっても魅力的な取引方法となっています。さて、FX少額取引の特徴は、FXのハイリスク、ハイリターンの取引と違い、少額での取引でそのやり方に慣れていかれる入門的な意味合いがあります。

 

この始めやすさが、日本の銀行の低金利を背景にFX少額投資を始めるきっかけともなっています。FX少額取引は、ローリスクハイリターンと言われていますので、この方法で初心者は研究してデータを蓄積し、慣れてくるとより投資額を増やしていくというパターンが多くなっています。そして、投資のコツとして、分散して投資をするという事があります。少額投資でもそれは同じ事で、外貨を様々に分散して投資購入し、リスクを低くして利益を確保する事も有効です。

 

また、業者によってそのサービスには違いがありますので、比較サイトなどを利用して自分の使い方に合った取引業者を選択する事が必要です。入出金のタイミングがどのようになっているかなどは、特に資金力が低いサラリーマンや主婦の投資の場合は重要度が高いので、あらかじめよく把握する事が大切です。手数料がどのようになっているのかも確かめて取引する事が必要です。一日に何回もやり取りを繰り返す場合いちいち手数料を支払っていては赤字になる事も多く、取引のたびに幾ら発生し、通貨を円に両替する時にも発生しますので、特に利益が少ないFX少額取引では、手数料の金額はかなりシビアに確認する必要があります。手数料無料の取引を実施する業者も登場し、動向には常に関心を持っておく必要があります。

 

様々な情報提供サイトがあるので、こまめに最新情報をチェックしておく事が大切です。最近気になっているのはFX 100円というサイトで、証拠金が少なくて済む少額投資法が紹介されていたので気になる方は是非チェックしておいてください。

 

 

高値の切り下がりが発生すると高確率で下落する傾向があるFXの相場

お小遣いを少しでもアップさせるためのFX日記

 

FXの売買では、チャートを見ていく事になります。そして、たいていの方々はローソク足を用いて動きを観察しているでしょう。ところでローソク足には、高値というものがあります。いわゆる上ヒゲの上端ですね。ローソクの一番高い部分を指します。その高値は、たまに切り下がる事があるのです。例えば次のような動きがあったとしましょう。ある時の外貨の金額の高値が、23.8だとします。その次に出現した高値は、23.85だったとしましょう。さらにその次は、23.91などの具合です。

 

ご覧の通り、高値がどんどん更新されていますね。時期が経過するにしたがって高値が更新されている訳ですから、いわゆる上昇基調になっている事だけは確実でしょう。ところが高値の更新は、永続的なものではありません。どこかでその高値が下がる事もあるのですね。例えば上記のように順次高値を更新して行って、ついに24.45になったとします。ところがある時に、23.32などを記録する事があるのですね。いわゆる高値の切り下がりと表現される事があります。このような時は、要注意です。

 

今まで上昇基調だったものが、高値の下がりによってちょっと雰囲気が変わっているのです。今までに比べると暗雲が立ちこめているような雰囲気があるので、そこで売りの注文を仕掛けるという選択肢があります。そして、その仕掛けはなぜか高確率で的中します。つまり連発した上昇が発生して、ある時に切り下がりになった時には、高い確率で下落する訳ですね。確率は高い訳ですから、上記の仕掛けは悪くない選択肢だと思います。

 

ただし切り下がりが発生すれば、必ず下落するという意味でもありません。確かに下落が発生する確率は「高い」のですが、「100%」でもないのですね。上昇の勢いが強い時には、また高値を更新してしまう事もあります。ですので切り下がりをきっかけにFXの買いの注文を仕掛ける時には、損切りの注文などは必須ですね。常にリスクを忘れないようにするのが、大切だと考えます。

 

 

FXのシミュレーションで損切り対策の入金額を知る事ができた

お小遣いを少しでもアップさせるためのFX日記

 

今から1ヶ月ほど前に、私はFXの口座の資産状況を確認しました。というのも、ちょっと相場が微妙な状況になってきたからです。私がメインで売買を行っているのは、キウイです。いわゆるニュージーランドで用いられている外貨なのですが、ちょっと最近下落基調になってきているのですね。思えば最近では、そのキウイに対するニュースなどが色々多かったと思います。全般的にネガティブな情報が多かったのですが、ちょっとそれが重しになっている雰囲気があるのですが。主に金利絡みの情報などは、かなり大きかったと思うのです。そして私の場合は、キウイの買いの注文で売買を行っています。もちろんその注文をしている時には、含み損が発生してしまうのですね。それで私は、正直焦りました。もしかすると資産が大きく目減りして、強制的な損切りが発動されてしまう可能性も有ったからです。

 

しかし私は、もう強制損切りの対策は考案しています。それほど大きな被害が生じる訳ではないので、まず問題無いでしょう。というのも私は、数週間ほど前に金融会社によるシミュレーションという箇所を見てみたのですね。それで、追加入金をすればどうにかその不安を払拭できる事が分かったのです。現在の私はその金融会社に対して3万円ほど入金しているのですが、正直その資金ではちょっと危ない一面があるでしょう。今後の動き次第では、本当に強制時に損切りになってしまう可能性があります。しかしシミュレーションを用いてよく計算をしてみたら、6万円の入金をすれば問題無い事が分かったのですね。6万円という金額は、調達する事が難しいものではありません。それさえ入金しておけば、まず上記の危機は回避する事ができるでしょう。

 

それを知った後は、私は安心しました。しかしもしもシミュレーションをしていなければ、今なお私は不安な気持ちになっていたでしょう。メンタル面が弱いので、ちょっと大変な状態になっていたかもしれませんね。このようにシミュレーションを使うと、FXで安心感を覚えられる事があります。ですので、一度はシミュレーションを使ってみると良いでしょう。

FXのシグナル配信をどう扱うかについての考え

 

FXをしていく上で1度試してみても良いのは、シグナル配信を利用するということです。シグナル配信とはFXの売買タイミングについて教えてくれるサービスのことで、それを利用すればFXの判断について迷うことがなくなります。シグナル配信を利用すれば必ず儲かるというわけではなく、どれを利用するかによってその成績はだいぶ違っています。上手くいくシグナル配信もあればそうではないシグナル配信もあり、どんなシグナル配信を選ぶかは個人の裁量に任せられています。

 

そのため、たとえシグナル配信を利用するとしたとしても、結局売買するのは自分のお金なのだということを肝に銘じておかなければなりません。シグナル配信によって売買をして損をしてしまったとしても、そこが責任を取ってくれるわけでは決してないのです。そう考えるとシグナル配信はあくまで参考程度にとどめておき、すべてを信用しないで活用するのが上手いやり方なのかもしれません。シグナル配信には他のトレーダーの考え方がわかるわけですからそれを参考にするのはとても勉強になりますし、その通り売買するかどうかは自由です。

 

シグナル配信を利用したということはFXに対する投資の考え方を見直すチャンスですから、それができるような機会を与えられたと考えたほうが良いのかもしれません。シグナル配信には賛否両論あるためどの考え方が正しいとは一概に言うことができません。それを参考にして儲けられればそれに越したことはありませんし、シグナル配信に頼り切ってしまうことも結果オーライだと考えれば素直に利用することができます。

 

FXは自分で判断してこそだと信念を持って取り組むことももちろん大切ですが、ときにはそれに逆らってあえて他人のトレーダーが出した答えに乗っかってみるのもだいぶ柔軟な考え方です。ですので、シグナル配信はやってみても良いですし、FXで行き詰ったときには案外良い気分転換になるのかもしれないです。

続きを読む≫ 2015/12/14 13:37:14

月5万円の利益を出すのを目標にするといいでしょう。

 

FXの取引をする場合においてどうしてもたくさんのお金を稼ぎたいという思いが先走ってしまい、取引をするにおいて大きな利益を狙いがちになってしまいます。しかしこのような取引をしていると失敗した時のことを考えていないためかたくさんのお金を失ってしまい相場から退場を余儀なくされてしまう場合も少なくありません。お金をたくさん稼ぎたいと思って始めたら結果的にたくさんのお金を失ってしまったとあればなんともやりきれません。

 

そしてこれからFXの取引を始めようとする場合にはどのくらいの目標を立てて取引をするのがいいのかというとそれは月に5万円の利益を出すというのが理想であると言えます。よくFXの本などでは数十万円から数百万円を稼ぎ、本業よりもはるかに多くの収入を得ることができたので、そのままリタイアしたという話が載っていますが、誰もがそのようなことを実現できるわけではありません。しかし月に5万円くらいの利益であれば、基本的な取引技術を身につけることができれば十分に可能なので、これから始める人でも達成可能な目標であると言えます。

 

そして月に5万円を稼ぐためにはどのような形で取引をするのがいいのかというと基本的にはスイングトレードがおすすめです。スイングトレードであれば1回の取引で数日から長くて1週間程度の期間、ポジションを保持することになるので、月に5回から10回は取引が可能です。また1回の取引で1万円から2万円の利益を出すことができれば、勝率5割だとしても十分達成することが可能です。目標は実現可能でかつ現在よりもワンランク高いところに置くのが理想で、月に5万円というのはまさにピッタリであると言えます。

 

しかし月に5万円の利益では物足りないと感じてしまう人もいますが、現在の収入に加えて5万円が入ってくるので、決して少ない金額ではありません。月に収入が5万円増えれば、生活のいろいろな場面で楽になったり、またプチ贅沢をすることも可能です。そのためFXの取引で継続的に月5万円稼ぐことができれば自分の人生を変えることも十分に可能です。

続きを読む≫ 2015/12/14 13:36:14

FXでは経済指標を参考にして売買してみる

 

FXをする上で常に気にしておきたいのは、購入しようと思っている通貨国の経済指標です。この経済指標を知っておくと、FXをピンポイントだけで考えるのではなく俯瞰的にとらえることができますのでとても参考になります。FXにおける通貨価値は何も1つの事象だけで決まっているわけではないので、その辺を踏まえた売買をしていくことが大切になってきます。その参考となるのが経済指標で、特に大国アメリカの経済指標は大きな影響を与えます。

 

FXで日本人に1番人気なのはやはり円ドルの売買で、だからこそアメリカの動向には目が離せません。アメリカの景気が良いのか悪いのか、風向きは追い風なのか向かい風なのか、その分析をしっかりとこなすことができれば儲けるポイントの見極めもしやすくなります。経済指標は公に発表されているものですからその情報だけでもって必ず大儲けできるというわけではないのですが、それでも知っているのと知らないのとでは雲泥の差があると考えておいたほうが良いです。

 

FX初心者ですと経済指標のような難しいことはわからないと最初からさじを投げてしまうのかもしれませんが、そんなに複雑に考える必要はありません。雇用指標などはアメリカの国民がどのくらい仕事に就けているのかなどを知ることができるものですからFXを抜きにしても興味が持てると思いますし、もっと単純に考えても良いのです。FXはそうして世界の国々ついて客観的なとらえ方をしていくのも大切なことで、それができれば儲けたり損をしたりするのとは別に楽しくなってきます。FXは通貨の売買をするわけですからそれ以外の情報についてはあまり関係がないように思えてしまうかもしれませんが、それは大きな間違いです。

 

経済指標を参考にすればそれだけFXの売買において有益な情報を得ることができますし、それができてこそFXの力が身についていきます。ですので、少しずつでも良いから経済指標を見る癖を付けたほうが良いです。

続きを読む≫ 2015/12/14 13:35:14

豪ドル円で大きな値動きになる可能性が高い指標について

 

7月22日。東京時間午前のクロス円は、前日比マイナスでありながらも普通の値動きをしていました。私の好きな通貨、豪ドル円も普通の値動きをしていました。冷静にチャートを見て戦略を考えているときに発表された豪州指標の消費者物価指数によって、約35PIPSの値幅を激しく上下するろうそく足が出現しました。私は東京時間に豪州の指標がある事をすっかり忘れていて、何事かと驚きました。指標とか要人発言でもない限り、たった1分で35PIPSもの値動きは生まれないだろうと思いました。

 

表れた時間が10時30分だという事で、指標の可能性を考えて、カレンダーでチェックしたらやっぱりって感じです。FXには指標発表とか要人発言があり、指標発表は、毎日必ずどこかの時間で大事なものが発表されます。東京時間で豪州や中国の指標がない場合、ニューヨーク時間で米国の指標があったりします。発表される指標は、指標カレンダーでチェックできるので、その時間にはポジションを持たないようにしましょう。注目度の高い指標であるほど、急な値動きをします。どんな指標が注目度が高いのか紹介します。

 

豪ドル円に関わってくるものでは、豪州政策金利発表です。これは、毎月1回行われます。本日の消費者物価指数も注目度が高いです。こちらは、1月、4月、7月、10月の下旬に行われます。小売売上高、失業率です。こちらは、毎月1回行われます。私が見ていた中で、高確率で値動きが大きいなと思ったものは、豪州政策金利発表です。外れだったときは、ほとんど変化なしだったけど、大抵は大きな動きをします。一方通行になりやすいということで、どちらか一方で大きな利益を取るために両建てすればいいと考えている人は多いかと思います。

 

私も最初のうちは両建てで対応させていました。そのおかげで利益が出ていたのです。こんなんで勝てるんだと感動して続けていたら、あるとき両建てをして臨むと往復ビンタで両方が損切りになる事態が起こりました。そのときはたまたまなんだと思ったけど、続けるうちにまた起こってしまい、両建てはやめることにしました。指標発表の大きな動きはチャンスですが、痛い目に遭いたくない場合は、結果を聞いて売買することをおすすめします。

続きを読む≫ 2015/12/14 13:34:14

初心者の頃は息抜きをどうやっていいかわからなかった

 

7月23日。朝は雨で、午前中の後半から降らなくなってセミの声が優位に。それで、天候が回復してきたんだと安心していたら、ちょうど休憩の時間15時に雨が降り出しました。慌てて窓を閉めてしばらく経つと降りやんで、また窓を開けました。忙しい天気ですね。おかげでストップしたセミの声が再開です。相場のほうは、東京時間中小動きで終えてくれたので助かりました。今は相場観察をお休みにしてお茶の時間。やる気はあっても保ち続けるのは大変なので、初心者の頃はどうしようか迷いましたよ。

 

FXの記事を検索するとエントリー方法とか業者の紹介とか用語の説明がメインで、息抜きの方法は教えてくれていません。やっているみんなはどうやって息抜きしてるんだろうと思ったけど、探しても情報が集まるはずはなく途方にくれました。自分で息抜きの方法を考えていく毎日でした。腹を立てて周りにあたっていては良くないのはわかるけど、いっぱいいっぱいになるとそうなってしまうこともあります。すると、後から自分を責めて自己嫌悪に陥り、相場観察どころじゃなくなります。私は息抜きが下手で、泣くことで周りを巻き込んで迷惑をかけてしまった時期があります。自分は周りに迷惑をかけたくないと思っていても、迷惑をかけてしまっている実際の自分にかなり葛藤しました。

 

未熟な自分を思い知らされました。何としても直したいと思いました。大事にしたのは、無理をしないこと。少しでも体が疲れたり、頑張れそうにないと感じたときの体はいっぱいいっぱいになっている証拠なので、トレードを引きあげました。トレードのポジション量も意識。デモトレードでも本番の気持ちになってしっかりと実践して、どれくらいの量なら無理がないか考えました。それを無理すると、勝っても負けても疲れます。1回のことでも放っておくとストレスになっていくので、自分の心地いいポジション量でエントリーをして、無理にロット数を上げないことを意識しました。

 

これで、だいぶストレスは減らせます。あとは、お風呂の時間、休憩の時間、寝る時間、休日は一切相場のことを考えないこと。脳を休ませてやる気を持続させるのが私の方法。これで、まわりに迷惑かける事はなくなりました。

続きを読む≫ 2015/12/14 13:32:14

普通の感覚で取引をしてもFXのトレードで利益は出せません

 

FXの取引をしてお金をたくさん稼ぎたいと思っている人は少なくありませんが、この投資はそれほど簡単にできるほど甘くはありません。確かにレバレッジをかけて取引をすれば一度に多くの利益を獲得することができて、結果的にたくさんのお金を得ることができるのですが、それはあくまで継続的に利益を出すことができるようになってからの話です。そのためまずFXの取引で利益を出すためには毎月継続的に利益を出すことができるような取引に関するスキルを身につける必要があります。

 

そしてこれからFXのトレードをして利益を出すためにはどのようにすればいいのかというとそれは人間が生活をしていく中で感じる普通の感覚を捨てる必要があります。なぜならこの投資をするにおいて普通の感覚で取引をしても利益は出せないからです。現在FXの取引をしている人の中で安定した利益を出すことができているのは1割から2割で残りの8割から9割の人は損失を出してしまっていることになります。そのためこの投資で利益を出すためには少数派になる必要があるので、普通の感覚を持って取引をしてもうまくいかないのは明白であると言えます。

 

そして普通の感覚とは違う感覚とはどのようなことがあげられるのかというと損失を出しても何とも思わないような感覚です。まるでテレビゲームなどをしていて、うまくいかなかった場合のような感覚があればFXの取引もうまくいくことが多いです。逆にお金のことを少しでも考えてしまうとまず損失を出してしまう可能性が高いです。なぜ損失を出しても何とも思わないような感覚を持つと利益を出せるのかというとそれによってすぐに損切りをしたり、ポジションを長く保有して大きな利益を出すことができるようになるからです。逆に損失を出すのが嫌という普通の感覚を持つ人はポジションを長く保有することはできないので、すぐに決済してしまい、利益も少なくなり、また損失をなかなか認めることができないので、損切りをすることができず、そのまま損が大きくなってしまって負けてしまうことになります。

 

続きを読む≫ 2015/12/14 13:31:14

銀行に預けているよりFXをする方が良い事例の1つ

 

以前私が勤務していた会社に、少々興味深い方がいらっしゃいました。かなり稼いでいらっしゃる方だったのですね。その方は、残業で稼いでいる事が多かったです。会社から特に言われなくても、積極的に残業をするタイプの方だったのですね。そのおかげで、その方はかなり資産を貯めていたようです。毎日頑張って仕事をしていたおかげで、銀行に預けている金額のトータルはかなりのレベルになっていたようですね。この間その方と、少し話す機会がありました。貯まっている金額は、すでに数百万を超過しているようです。最近は少し貯まるケースも遅くなってきているようなのですが、相変わらず残業を継続しているおかげで、マイペースに貯金額が増加しているようですね。

 

ところで私が、その方はFXを始める方が良いと思うのです。聞いた話では、その方は投資商品には手を出していないようですね。あくまでも銀行に預けて、着々と資金を貯めている状況です。しかし私から見てみると、ちょっとそれは勿体ないと思います。現在の銀行の場合は、ご存知のように利息は非常に低いのですね。0.1%にも達しない状況なのですから、なかなかお金が増えづらいでしょう。もしもその方がその外貨を用いる商品でマイペースにお金を増やしていけば、もっと効率良く貯金が増えていったと思うのです。私の計算では、恐らく現時点で1,000万円を超えていたのではないでしょうか。数年前にその外貨の商品に手を出していれば、まず間違いなく1,000万以上になっていたと思います。

 

もちろんその商品には、リスクはありますね。そこだけは注意するべきだとは思います。しかしそれさえ押さえておけば、かなりのペースでお金が増える商品なのです。考えれば考えるほど、上記の方はFXを始めるべきだと思いますね。上記の方と同じような状況になっている方々は、恐らく世間では非常に多いと思います。それを考えると、ちょっと勿体ないですね。ただ最近ではその外貨を用いる商品の知名度も、だんだんと向上してきています。その商品を用いて、効率的にお金を増やす方々は、今後はどんどん増えていくと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/11/20 10:46:20

ほとんどFXのコールセンターに対して問い合わせをした事が無い私

 

金融会社は、必ずと言って良いほど電話番号を完備してくれています。いわゆる0120から始まる番号なのですが、もちろんそれは料金無料で利用する事ができるのです。そしてFXという商品にも、もちろん電話番号がありますね。その番号に電話をしますと、システム面に関する事を色々と答えてくれます。

 

例えば、操作方法に関する質問ですね。この金融商品では、もちろん証券会社などが提供しているシステムを用いて売買をする事になります。ところが人によっては、そのシステムの操作方法で困惑してしまっている事もあるのです。初めて用いる会社のシステムとなると、色々と分からない事も浮上するものなのですね。その操作方法に関する質問を、電話で受け付けてくれている訳です。

 

ちなみにその電話番号で受け付けているのは、あくまでも操作方法など技術面に関する質問内容になります。そこでは、もちろん投資に関するアドバイスなどが行われる訳ではありません。売買はあくまでも自己責任で行って、コールセンターでは技術的な質問のみを受け付けているシステムなのですね。ところで私は数年間その金融商品で売買をしているのですが、あまり電話をした記憶がありません。ただ一度だけ、出金に関する督促をした事があります。というのも私はある大手のFXの会社で、口座から出金をする為の手続きをしたのですね。ただ出金されるまでに、かなりの日数がかかってしまっていたのです。それで不安になって、コールセンターに質問をした事があります。ちなみにその問題点は、結局解決されました。

 

せいぜいそれ位ですね。今まで操作方法に関する質問をした事が、全くと言って良いほどありません。思うにFXで売買を行うための画面は、操作方法は非常に分かりやすいと思います。どこをクリックすればどのような事ができるのかが、比較的簡単に分かるようになっているのですね。とても親切な設計なので、コールセンターに質問をする事も数える程しかありませんでした。ですのでFXでは、コールセンターのお世話になる機会は非常に少ないと考えられます。

続きを読む≫ 2015/07/15 08:58:15

先々の計算をしていなかったのでFXで大きな損が発生した

 

私が初めてFXの売買をしたのは、もう今から数年前になります。当時の私は、それこそ初心者でした。主に外貨の金利を狙っての売買を行っていたのですが、結果として大きな損失になってしまった事があるのです。私がその金融商品で動かしていた金額は、数十万円位でした。それで買いの注文を行ってみたのですが、資産が半減してしまった記憶があります。今思い返しても、あれは痛かったですね。そして私がそれを経験した時には、その金融商品の怖さというものが何となく分かりました。まさかそれほど大きな金額が動くと思っていなかったからです。

 

ただ私は、リスクを全く理解していなかった訳ではありません。その業者の公式サイトなどにも目を通しましたし、入門書などでリスクに関することをよく勉強したつもりではあります。それでリスクに関する理解をしていたにも関わらず、結局上記のような状況になってしまっていたのですね。考えてみれば、それはちょっとおかしな話です。リスクの事を承知していたのに、最終的には損切りになっているからです。

 

しかし今振り返りますと、もう理由は明白になっているのですね。単純に準備不足の問題だったと思います。当時の私は、外貨の金額が1円くらい動くと、資産がどれ位動くのかよく分かっていなかったのですね。つまり計算をしていなかったのです。あまり先の事を考えずに売買を行ってしまっていたので、上記のようなおかしな事になってしまったのでしょう。単純に、計算を怠ってしまったことが原因だったのですね。

 

それを教訓に、私はその外貨の商品で売買をする時には、必ず先々の事を計算するようにしています。幸いにも金融会社では、外貨の金額がどれ位動けば、どれ位の損益になるかに関わる自動計算のツールが完備されているのです。それを用いるようにしてから、私はちょっとやそっとでは動転しないようになりました。このような事もありますので、FXで売買を行う時には、業者のツールを用いて先々の事をよく計算しておくと良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/15 08:57:15

FXで10円分もの利益が発生して間もなく下落になる

 

先日私は、FXのデモ取引で利益が発生しているのを確認しました。ちなみに利益が発生していた外貨は、ユーロです。ヨーロッパ圏にて幅広く用いられている共通の通貨ですね。ところで私はそのユーロを用いて、買いの注文しか行っていません。いわゆるショートでの注文を、全く行っていないのですね。私は常々そのような方法で、売買を行っているのです。その結果どうなっているかと申しますと、冒頭で申し上げたような状況になっている訳です。

 

ところでその利益額は、かなり大きかったですね。上記のデモ口座で売買を行っている時は、私は必ずと言って良いほど1,000枚で取引をしています。いわゆる1万枚などでの売買ではありません。1,000枚で売買を行うとなると、正直それほど大きな金額が動かない傾向があります。しかし実際には、思った以上に大きな金額が動いていたのですね。100万円の資金を増やすのがデモ口座の目的なのですが、現在では101万円近くになっています。1,000枚で1万円もの利益が発生するのは、かなり大きいですね。10円近く動かない事には、それだけ大きな利益が発生しないのです。つまりそのデモ口座で、私は10円分もの利益が発生していた事になります。

 

それも当然で、ここ最近のユーロは上昇トレンドだったのですね。数ヶ月前までは下落トレンドだったような気がするのですが、今ではちょっとしたリバウンドの状況になっているのでしょう。しかしそろそろ、その動きも転換するのではないかと思っています。実に10円もの上昇が発生してきた訳ですから、このあたりで下落に転じてもおかしくないと思いますね。しかしたとえ下落になっても、私のやり方では恐らく利益になるでしょう。ナンピンを繰り返すやり方で売買を行っているのですが、たとえ下落トレンドに転じていても特に問題無い方法だからです。

 

恐らく今後の私は、FXで多少の含み損が発生すると思います。しかしそのような状況になっても、特に問題無いという確信が私にはあります。下落トレンドで利益が発生する時が、今からちょっと楽しみですね。

続きを読む≫ 2015/07/07 13:02:07

ホーム RSS購読 サイトマップ